納骨堂とお墓を融合させた次世代のお墓納骨墓の特徴

  • お寺が責任を持って永久に供養と管理してくれるので安心!
  • お墓を購入するより費用も抑えられるので経済的!
  • 宗旨・宗派・国籍も問いません。
  • ご供養を第一に考えているお寺に建立するので安心!
  • 太陽の恵み受けながらの供養は従来通り!
  • 屋外にあるので気軽にいつでもお参り!

永代供養とは

永代供養

遺族や親族が行う法要を、毎年のお盆やお彼岸などにお寺が永久に供養のおつとめをしてくれることです。

もし、お墓参りをしてくれる人がいなくなっても、代わりにお寺が責任を持って永代に渡り、ご供養して頂けます。

三十三回忌と弔い上げ

一般的に、故人の供養の中でも三十三回忌の法事は「弔い上げ」とされています。
「弔い上げ」とは、これをもって年忌法要を終了する事をいい、仏教界では、どんな罪人でも33年たてば無罪放免となり、極楽浄土に行く事ができると考えられています。

また、三十三回忌から〝個人″から、〝先祖の霊″として祀られる様になり、仏壇からは戒名を記した位牌から「○○家先祖の霊」の位牌を祀ります。まれに(五十回忌)をもって弔い上げとする所もあります。

このページの先頭へ